パレスチナにおける一国の解決策:長所と短所

これらの孤立した地域は単独では実行可能ではないことを考えると、彼らの経済的、社会的関係と外界とのつながりはヨルダンを経由することになる。 さらに、ガザ地区はエジプトの方向にも拡大し、イスラエルは常にこれが起こることを望んでいたが、エルサレムはイスラエルの完全な支配下にある。 ヨルダンとエジプトは同様の考えを拒否しましたが、米国は同様の何か、つまりイスラエルを安心させ、パレスチナ人に何かを与える計画を推進していると考えています。 パレスチナ人の多くは、彼らによると、国家の原因にどのようなコストの電力に滞在しようと、選出されていないと、それらを代表していない彼らのリーダーシップは、同様の計画に同意するだろうことを恐れています。 これらの懸念は誇張されているかもしれませんが、彼らは一国の解決策についての議論をより緊急にします。

一つの状態の解決策の問題は、その方法に大きな障害が立っているので、それを実装する意志よりも、その実装の実現可能性にあります。 ユダヤ人国家であり続けるというイスラエルの決意に加えて、二国間の解決についての強い国際的なコンセンサスがあり、ユダヤ人市民に他のものよりも優先されている。 受け入れられた二国間の解決策を置き換えるための代替的な一国間の解決策に関する国際的な合意に達することは困難で遅くなるでしょう。 時間がイスラエルだけに有利であることを考えると、パレスチナ人のための優先順位はすぐに行動を取ることでなければなりません。

現在の状況は、イスラエルとその同盟国にとって、弱いパレスチナのリーダーシップが占領と占領者の間に幻想的な平等の感覚を作り出し、イスラエルを占領権力としての法的責任から解放するため、より良いものになることはできませんでした。 さらに、国際的な怠惰と抵抗のできない分割されたパレスチナの人々に加えて、イスラエルの占領のためのカバーを提供する長い和平プロセスがあります。 このように、パレスチナ人はこの状況から最大の敗者であり、彼らはそれを変更しようとしなければなりません。

イスラエルとパレスチナは今日、ユダヤ人と非ユダヤ人を差別するアパルトヘイト国家として考えられている。 パレスチナ人の使命は、アパルトヘイト制度と戦い、イスラエルの支配の下で平等な権利を得るための闘争を行うのではなく、こじつけのパレスチナ国家のために戦うことです。 彼らはまず、現在の直接の支配者であるイスラエルに直面する前に、実際の状況を隠すパレスチナ当局を解体しなければならない。 一方、彼らは軍事占領下の独立国家を奪われた人々であることを考慮すると、イスラエル市民のものと完全に同等の市民的および政治的権利を主張 これは、応答するためにイスラエルを強制することができます。 それは、それが支配する500万人のパレスチナ人の要求を無視するか、彼らの土地を避難させるか、または彼らに平等な権利を与えるかのどちらかです。

イスラエルはおそらくこれら三つの選択肢を拒否するだろうが、これは最善の利益にはならないだろう。 このようにして、パレスチナ人は政治的談話に対するイスラエルの支配を一度も破り、彼らと対戦している致命的なゲームのルールを変えるでしょう。

この戦略は、第二級イスラエル市民になることを望まないパレスチナ人の間で人気を得ることはないだろう。 しかし、彼らの人生は今占領下にある方が良いですか? 現在の状況下で別の選択肢はありますか? 私は、彼らがこの計画を保持している場合、彼らが失うことになる唯一のものは、彼らの幻想であり、パレスチナの歴史の中でこの重要な交差点で、これは彼らの原因を弱めることを避けるための唯一の方法かもしれないと思います。 彼らの旅は過酷で苦痛になりますが、ラマラの集まりが目指しており、難民が先祖の土地に戻ることを可能にする民主的な状態を構築する機会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。