完全な水和型のほくろと共存する生存胎児を持つ二卵性双生児妊娠

生きている胎児の共存と大臼歯の胎盤の出現を示す2つの異なるタイプの妊娠がある。 そのうちの1つは部分的なhydatidiformほくろであり、もう1つは完全なか部分的なhydatidiformほくろと共存する正常な胎児との双生児の妊娠です。 これら二つの別々の分類では、遺伝的内容および母体および胎児の予後の両方が完全に異なっている。 生存可能な胎児との二卵性水様モルの発生率は非常にまれであり、この問題は二つの別々の概念があるので部分的な大臼歯妊娠と区別される;すなわち、胎児にリンクされた正常な胎盤と大臼歯妊娠。 このまれな実体では、胎児は出血および医学の複雑化、また耐久性があるgestational trophoblastic腫瘍の開発のための高められた危険とchrosomally正常、可能性としては実行可能で

ほとんどの場合、妊娠初期に診断が行われた場合、妊娠の終了が推奨されました。 母体合併症と妊娠終了の必要性は臨床管理上重要な問題である。 Fishmanらのようないくつかの研究。(4)母親の合併症のために妊娠終了の頻度が高い(71%)ことを報告しました。 しかし、Sebire e t a l. (2)は妊娠の4%だけが母性的な複雑化が原因で終えられたことを報告しました。 両方の研究のデータは、腫瘍学的報告を介してではなく、正確に婦人科および産科報告を介して来るが(5)。

Vaisbuchらによる大規模な研究では。、彼らは130例のchmf(完全なhydatidiformモルと共存胎児)妊娠の双子の41%が深刻な母体合併症の陽性確率のために終了したことを報告した(6)。

一方、包嚢型のほくろを持つ女性は早産(PTD)の危険にさらされています。 いくつかの以前の研究では、シングルトン大臼歯妊娠(15%)と比較してCHMF(50〜60%)と双子妊娠をした女性のPTDのリスクが高いことが報告されています(3)。 2007年のNeimannによる最近の研究では、生存可能な胎児を有する二倍体モルの後のPTDのリスクは、シングルトン大臼歯妊娠後のリスクと同様であり、PTD単独のリスクのためにそのような妊娠の選択的早期終了は推奨されるべきではないことが明らかになった(5)。 1999年から2006年までの患者の登録データを評価した2009年の別の研究では、CHMF後の妊娠性栄養芽細胞新生物(GTN)の50%(7例14)の割合を示した。 これらの患者の六つは、単剤化学療法によって治療され、唯一の多剤化学療法(7)を必要としました。

24週前の自発的な胎児喪失、子宮内死亡、32週前の重度のPTDなどの胎児合併症が報告されました。 これらのケースで生きている胎児の可能性は、29%と38%(の間で推定されている2、4)と胎児の異常はまだ報告されていません。

2008年の最近の文献では、24件の研究がレビューされ、30件のCHMF症例が報告され、詳細に文書化されている(8)。 二つの概念は、私たちの研究と同様のICSI/ETの後に発生しました。 帝王切開は、14の30例(46.7%)で胎児または母体の合併症のために報告されました。 しかし、我々の研究では、この患者の帝王切開の既往のために帝王切開が行われた。

したがって、生きている胎児による大臼歯妊娠の管理は任意であるが、母体または胎児の合併症の初期徴候を見つけるためには正確かつ細心の注意が必要であり、安定した妊娠、正常な核型および正常な超音波検査の存在下では、妊娠を継続させることは合理的である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。