4種類の過失

定義上、過失とは、個人が義務の全範囲を包含する行動基準に従って行動しなかったことです。 個人がこれらの基準を満たさず、不用意に行動し、権利を傷つけたり、その過程で他の人に物理的、経済的、または心理的な害を与えたりする場合、法律は 意図的ではないが不注意な行動によって引き起こされる過失から意図的に引き起こされる意図的な不法行為を区別することは重要である。 不法行為法の過失を証明するためには、裁判所は5つの重要な要素の存在を確立する必要があります。 過失の5つの要素は次のとおりです:

  • 障害のある個人は負傷者に義務を負っていましたか?
  • 義務違反はありましたか?
  • 違反は法的傷害の原因でもありましたか?
  • その原因は何でしたか?
  • 被害の程度はどうでしたか?

過失を証明するための強力なケースを持つためには、すべての五つの要素を満たす必要があります。

ここでは、私たち全員によく知られている過失の簡単な例です。 運転免許証を持つすべての個人は、合理的な速度で運転する必要があります。 すべてのドライバーも考慮可能な安全上の危険を取るし、それに応じて彼の速度を調整する必要があります。 これらの安全上の危険には、気象条件、密集した交通、道路の悪い状態、および視界の妨げが含まれます。 前述の安全上の危険の存在にもかかわらず、最大許容速度で運転することは、公共の安全に深刻なリスクをもたらす可能性があり、法律の目には義務違反とみなすことができます。

医師、看護師、警察官、その他のファーストレスポンダーなどの専門家も、一定の基準を守り、それに応じて行動することが期待されています。 彼らがそうしなければ、彼らは過失の一形態である医療過誤の責任を負う可能性があります。 他の人に害を及ぼす不注意な行為は、さまざまな状況で発生する可能性があります。 過失の行為をスポッティングでより堪能であるためには、我々はより詳細に移動し、法律によって認識過失の異なる種類を探索する必要があります。 これらは次のとおりです:

比較過失の場合、原告(すなわち、被告を訴える負傷者)は、自分自身に行われた害について部分的に責任があります。 関与の割合に応じて、原告は、または行われた損傷の補償を得ることができないかもしれません。 これは過失の行為が行われた場所に依存することにも言及する価値があります。 いくつかの州は、事故への関与が50%以上であっても原告を補償することができることを意味し、純粋な比較断層状態として考えられています。 他の州は、比較過失の異なる修正された解釈を使用し、補償の対象となるために原告の責任が50%未満であることを要求している。

  • 寄与過失

比較過失は、原告が彼または彼女の傷害のために部分的に責任があった場合でも、補償を可能にする場合には、寄与過失はありません。 寄与過失の場合、原告は、たとえその関与が1%であったとしても、補償の対象とならない。

  • 代理責任

代理責任は、個人または会社が直接責任を負わないにもかかわらず、過失に基づいて責任を負うことができるという事実のために、過失のユニークなタ これらのケースでは、被告は他の人の行動(すなわち、従業員または未成年の子供)に責任があり、したがって、過失行為に対して責任があります。 代理責任のもう一つの例は、犬の所有者が自分のペットによって行われた損害について責任を負うときです。

  • 重過失

重大な過失は、過失の最も深刻なタイプであり、合理的な人が今までそれをコミットしないような無謀な行動を含みます。 重大な過失を含む人身傷害訴訟は、真剣に暴力的な行動があった場合や、被告が患者とその幸福のためのコンサートの欠如なしに行動した医療過誤の場合に最も一般的である。

あなたが原告であろうと被告であろうと、経験豊富な弁護士から法的な助けを求めることは、あなたの好意で和解の機会を大幅に増やすことがで ここウィスラー法律事務所では、私たちはあなたの側で私たちと一緒に、あなたが完全な補償を受け取ることになります安心することができますので、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。